現場と採用の両方の視点からあれこれ独自の見解を述べていきます

介護・求人・転職のあれこれ 

失敗談

【介護の転職失敗体験談】3つの事例【思っていたの違って編】

投稿日:

今回も前回に引き続き、実際にあった実際に働いてみたら
【思っていたのと違って・・・】という3つの失敗事例を挙げながら解説をしてまいります。
またその対策方法も含めて書いてまります。

失敗談その① 仕事の内容が・・

無資格・未経験の方や資格習得はしたものの現場の経験の無い方、
また介護の経験はあるのですが、特別養護老人ホーム→デイサービス、
訪問介護→介護付有料老人ホームすなど経験のしたことのない施設タイプへ
新たに転職した方に起こりえるケースです。
新たに転職・就職しようとする場合施設タイプや仕事内容をイメージすると思いますが、
実はそこに大きな落とし穴があるのです。

勿論イメージをしておくことは全く間違えではありません。
むしろ自分が勤めようとする施設タイプからどのような仕事になりそうなのか、
どのような業務になりそうなのかイメージすることは、新しい環境にチャレンジ
する場合必ず必要なことになります。
しかしながら人間というものは非常に都合のよい生き物ので、
自分に都合のよいイメージをしがちであるのです。
よく言われる理想と現実のギャップもこれに当てはまるといえます。

【対策方法】

  • 決めつけはせず心に余裕を持つ
  • ボランティアなど体験就業をしてみて仕事内容を実際にみておく

失敗談その② 人間関係が・・・ 

一番の転職理由としてあげられます。人間関係が・・・になります。
まず結論から申し上げますと解決方法は非常に難しいです。
この人間関係に関しては非常に複雑で入り組んだものとなります。

簡単にもしお伝えができるとしたら、なぜ人間関係が思っていたのと違ったのか
この部分を明確にする為に自分自身の視点客観的な視点をもって分析することが必要です。
失敗談その②として取り上げさせていただきましたが、
この人間関係については3つあるうちのその内の一つのテーマではなく、
人間関係編」という部分でしっかりと掘り下げた記事を書いてまいります。

【対策方法】

  • 自分自身を知り、自分がしっている自分と他人が思っている自分のギャップを知る

失敗談その③ 何か思っていたのと違って・・・ 

「何か」ってなんだ?と怒られてしまいますが、意外と起こりえるケースとなります。
こちらに関しては経験者、未経験者問わずに起こりえる問題です。
実は「何か」に関してしっかりと掘り下げていくと具体的な理由があるのですが、
そこを掘り下げずにとりあえず次の職場転職してしまい
また同じ理由で失敗してしまうということがあります。

実はこの理由を掘り下げるという考え方は非常に重要になってまいります。
掘り下げの方法として有名なものはフレームワークの一つである5whyという
トヨタでも取り入れられている方法で、表面的な原因究明でなく問題の根本を
突き止めるため、なぜを5回繰り返し真の原因を突き止める方法となります。
ただ漠然とした意味合いで「何かが・・」というケースもあることもあります。
その場合は掘り下げようとすればするほど深みにはまることもあるので、
自分の中である程度気持ちの整理ができるのであれば、
そんなに深く考えない!!」のも手です。

【対策方法】

  • 思っていたのと違うことはよくあることを大前提に物事をとらえていく

【まとめ】

【思っていたのと違って編】は以上となります。
せっかくの転職失敗はなるべくしたくないものです。
ただ、何を「失敗」と捉えるかによって大きな違いがあります。

上記の理由でも退職になってしまう方もおりますし、

気持ちを切り替えて継続をされる方もおります。
もしかすると自分次第なのかもしれませんね

そういったことを考えると転職のプロによるサポートを利用したほうが

よいかも・・?
あれ?そうすると紹介会社を使った方がよい・・
またまた宣伝になってしまいますね(笑) ぜひ次回もよろしくお願いします。

  • この記事を書いた人

マーボー

特養で5年→現在は人材紹介・派遣会社(6年目) 介護経験しかありませんでしたが5年目にしてやっとこさ粗利額1位を達成! ブログでは医療・福祉業界についてのことや面接についてキャリアプラン、モチベーションについて書いております。 筋トレも好きで週3日はマスト!! お仕事のご依頼はDMにお願い致します。

-失敗談

Copyright© 介護・求人・転職のあれこれ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.