現場と採用の両方の視点からあれこれ独自の見解を述べていきます

介護・求人・転職のあれこれ 

未分類 特定処遇改善加算

施行まで残り2か月! 特定処遇改善加算の職員への配分方法【8/13日現在】

投稿日:2019年8月13日 更新日:

介護福祉士10年で月額8万円以上アップというキャッチャーな特定処遇改善加算ですが、10年のキャリアをどう考えるか、どのように分配するかが少しずつ固まってきた法人さんもあるのではないでしょうか?今回はこの特定処遇改善加算の職員への配分方法を現時点で分かっているだけピックアップしてまいりたいと思います。

まず特定処遇改善加算とは何かを知りたい方はコチラをご覧ください。

【介護職の方必見】10月に月額8万円アップ?気になる特定処遇改善加算とは

厚生労働省  2019年度介護報酬改定についてより引用   現在介護職の方が一番気になっている「特定処遇改善加算」に触れてまいります。そもそも特定処遇改善加算とは何なのか?また誰が該当してくるのか?を ...

続きを見る

特定処遇改善加算の職員への配分方法【8/13日現在】

現時点ではかなり見解がバラついております。ここではまず‥‥

  • 10年のキャリアを業界で10年or法人で10年どちらになるのか
  • 分配方法をどのような方向性にしていくのか

この2点について書いてまいりたいと思います。また便宜上、経験・技能のある介護職をAグループ他の介護職員をBグループその他職種をCグループとして定義いたします。

現時点で判明している配分方法としては…

  1. 業界で10年 A,B,のグループに配分
  2. 法人で10年 A,B,C全てのグループに配分
  3. 法人で10年 Aグループのみ配分
  4. まだ未定
  5. 加算を取らない

のパターンに分かれております。正直参考母数がトータル10法人くらいなのであまり参考にならないかもしれませんが、それぞれの分配方法と思惑(勿論個人の推測です)を勝手に考えてまいりたいと思います。

【パターン1】業界で10年 A,B,全てのグループに配分

2つの特別養護老人ホームさんがこの方法を取り入れるとのことでした。比較的に法人としての歴史もあり既に年収440万はクリアをしているのと基本的にはA,Bグループのみですので、介護福祉士をもっている方を前提に配分するとのことでした。

考えられる思惑

Bグループも基本介護福祉士保有者とのことでした。また業界10年を採用していることから、転職組へのアピールもしていく方向性が伺えます。

【パターン2】法人で10年 A,B,C全てのグループに配分

1つの特別養護老人ホームさんがこちらの方式を取り入れるとのことでした。こちらの法人さんも440万の方が10名以上いらっしゃるとのことで、法人としては基本的に公平性をもって分配をしてくとのことでした。

考えられる思惑

全てのグループに配分することにより、不公平感をなくす狙いがあるのが伺えます。また転職組を重視をしていくより法人での貢献があったかたを重視していく方向性が感じられます。

【パターン3】法人で10年 Aグループのみ配分

1つの老健さんがこの選択肢をするとのことでした。そして複数の医療法人さんがこの方法をとろうかな?とも仰っておりました。そして共通して仰っていたのが老健だと他の加算を算定上をアッパーでとれないので配分がかなり厳しいとのことでした。

他の加算を算定上をアッパーでとれないので配分がかなり厳しい】この根拠がいまいち私自身理解しかねているので勉強中です。ただこのことが本当だったら次の賞与後の転職シーズンではかなり社会福祉法人の施設へ人が流れる?かもしれません…

考えられる思惑

配分できる金額自体が少ないためこの選択を取らざるを得ない現状が見受けられます。ただ、制度上では介護福祉士で10年をうたっているので職員周知さえしてしまえば何とかいける!?という思惑が感じられます。

【パターン4】まだ未定

5法人さんがまだ配分方法は未定とのことでした。たしか8月の末までが申請の締め切りだったと思いますが、どのようになっていくかは追ってまいりたいと思います。

考えられる思惑

もしかしたら方向性は定まっているものの、まだまだオフィシャルには出せない状況の為「未定」とおっしゃられた可能性も大いにあるかと思います。配分方法に見解が分かれているため他法人の状況を見ながら決めていくのではないでしょうか。

【パターン5】加算を取らない

2法人さんがこの選択肢でした。まさかこの法人さんがあると思いませんでしたが、ありました…。

考えられる思惑というか理由

とある医療法人さんでは医療と介護の病棟があり不公平感をなくす為、もう一つは株式さんで、そもそも10年開設からたっていないのとその知識・技能があると思えない、とのことでした。

まとめ

少しずつ配分方法が定まってきているようですが、まだまだ未定のところが多い印象があります。

ポイント

私個人としては業界10年で考える法人さんが多くなるのでは?と思っております。理由としては勿論、転職をしてくる経験・技能のある介護福祉士をターゲットに出来るからです。上でも書きましたが、今年の冬のボーナス後はかなり動きがでるのでは?とにらんでおります。

ただ法人さんごとに様々思惑があるかとおもいますが、私個人としては今まで一生懸命頑張ってきた職員さんへはしっかりと 還元をして頂きたいな、と切に願っております。

  • この記事を書いた人

マーボー

特養で5年→現在は人材紹介・派遣会社(6年目) 介護経験しかありませんでしたが5年目にしてやっとこさ粗利額1位を達成! ブログでは医療・福祉業界についてのことや面接についてキャリアプラン、モチベーションについて書いております。 筋トレも好きで週3日はマスト!! お仕事のご依頼はDMにお願い致します。

-未分類, 特定処遇改善加算

Copyright© 介護・求人・転職のあれこれ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.