現場と採用の両方の視点からあれこれ独自の見解を述べていきます

介護・求人・転職のあれこれ 

新卒用

【2020年度新卒用】介護職への就職 おさえるべき5つのポイント

投稿日:

今回は転職とは違いますが、介護職を目指す新卒の方を対象にした就職活動について
フォーカスをしてまいりたいと思います。

その① どのような施設タイプにするか決める

企業も様々あるように、介護の業界にも様々な施設タイプがあります。
特別養護老人ホームやデイサービス、有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅等などなど・・
これに関しては自分自身が何をしていきたいかによって選ぶ施設タイプが変わってくるかと
思いますが、私の同学年の8割くらいが入所系の施設に勤めた記憶があります。

その② 求人票の見方を理解する

色々ありますが、意外な盲点となるポイントとしては・・

  1. 総支給は必ず毎月貰える支給金額ではない可能性がある
    総支給はあくまで夜勤手当や祝日手当、処遇改善手当等をすべて含んでおり、
    夜勤をしたり、祝日に勤務をしないと実際にもらえないため、求人票に書いてある
    総支給の金額はある程度業務をこなせる様になる半年後くらいに貰える金額となる。

  2. 賞与は基本給×何か月で支給が貰える
    こちらもたまに勘違いをされているケースがありますが、総支給×何ヶ月ではなく
    基本給×何ヶ月であることに注意!

  3. 手当の数=給与が良いではない!!
    祝日手当や土日手当、被服手当、処遇改善加算手当等あればあるほど、給与が高いと
    勘違いをされるケースがありますが手当が多い場合は基本給が抑えられていたり、

    昇給幅が狭かったりして結果、祝日手当や土日手当がないところと同じくらいの月給に
    なることが多いです。

その③ ホームページを見る

最近は施設のホームページも充実してきておりますので、施設のホームページを
見ることによって、法人の理念から現場の雰囲気、教育体制なども見ることができます。
また面接でも志望動機を必ず聞かれますので「ホームページを拝見して云々かんぬん・・」
と面接対策にも活用ができますし、ホームページの充実度によって法人の信頼度も図れます。

その④ 面接対策

上記にも記載しましたがホームページには法人のことが大体は書いてあるので、
めんどくさいかもしれませんが企業研究はしておりましょう。
志望動機は勿論ですが、8割~9割の確率で長所・短所を聞いてきます。
長所はそのまま言えばOKですが、短所は少し工夫が必要です。
「短所+改善方法を付け加える」とgoodです。

【例】私の短所は心配性な所です。なので不安なことがあった場合は
   なるべく先輩や同僚に相談をしていきたいと思います。 等

その⑤ 遊ぶ

半分は冗談ですが半分は本気です。

流石にドッチボールはやらないかとは思いますが(笑)、
社会に出る前の最後のモラトリアムです。
その時しかできないことを後悔のないようにしてくださいね♬

  • この記事を書いた人

マーボー

特養で5年→現在は人材紹介・派遣会社(6年目) 介護経験しかありませんでしたが5年目にしてやっとこさ粗利額1位を達成! ブログでは医療・福祉業界についてのことや面接についてキャリアプラン、モチベーションについて書いております。 筋トレも好きで週3日はマスト!! お仕事のご依頼はDMにお願い致します。

-新卒用

Copyright© 介護・求人・転職のあれこれ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.