現場と採用の両方の視点からあれこれ独自の見解を述べていきます

介護・求人・転職のあれこれ 

転職

介護の転職方法~施設のホームページから応募編~

投稿日:2019年6月13日 更新日:

施設が独自に運営しているホームページからの応募を利用してのメリット、デメリットをあげていきます。

メリット

  • 施設の雰囲気がわかる
  • 求人内容以外のものもわかる
  • 法人全体的のことがわかる

まず一番施設のホームページをから応募するメリットとしては
施設のことがある程度わかるという部分があげられます。
法人の成り立ちから、理念やキャリアパス体制などを知れるということは
非常に大きなメリットといえます。また法人でどのような施設形態を
持っているかもわかりますので、ご自身のキャリア形成にもおおいに参考に出来ることでしょう。

デメリット

  • 勇気がいる
  • レスポンスが遅い場合がある。
  • ハローワークより求人内容がざっくりしてる場合がある。 

まず何よりも[勇気]がいると言う点があげられます。皆さん何かしらの
理由があっての転職です。不安のない方はなかなかいらっしゃらないかとおもいます。
特に施設のホームページからの応募はいきなり採用担当者=施設長or事務長に
繋がるケースもありますので、電話の対応一つ一つも
採用判断にかかわってくるケースもあります。
また先ほども述べた通りで採用担当者=施設長or事務長のケースが多いので
出張や会議等で応募からのレスポンスが遅くなりこともあります。
また施設によっては【月給18万円+各種手当 賞与あり 昇給あり】のみで
待遇表記が終わってしまっていることがあります。

【このようなタイプはオススメ】

まず大前提は勇気がある方となります。なんだそれは?と思われるかもしれませんが、
意外と施設へ電話をしたり、メールをしたい方いなど直接コンタクトをとる
ということはなかなかハードルが高いものなのです。
また就業条件だけでなく法人や施設のことを事前にリサーチしたい方にはグッドですね!

【最後に・・・】

以前は独自でホームページを作成されている施設もありましたが、
最近は求人会社などが営業をかけるなどしてり施設のホームページ
かなり充実してきております。
もしかしたら・・・施設のホームページの充実度で判断する手もあり??かもですね(笑)

  • この記事を書いた人

マーボー

特養で5年→現在は人材紹介・派遣会社(6年目) 介護経験しかありませんでしたが5年目にしてやっとこさ粗利額1位を達成! ブログでは医療・福祉業界についてのことや面接についてキャリアプラン、モチベーションについて書いております。 筋トレも好きで週3日はマスト!! お仕事のご依頼はDMにお願い致します。

-転職

Copyright© 介護・求人・転職のあれこれ  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.